About us

EKAM(エーカム)について

世界自然遺産屋久島の最南端に位置するエコビレッジです。

平内区にある2haのフィールドと湯泊区にある古民家ゲストハウス、現在この二つの
場所を拠点に活動しております。

「生活のための装備が十分に備わった住居があり、未来に向けて持続的である場所 」

これがエコビレッジの定義であり、まさに私たちが創り上げているものです。
ビレッジ内には広大な土地があり、果樹を含め、たくさんの種類の作物を育てていま
す。そして、すべて完全無農薬のオーガニック。
2haもの耕作放棄地を“食べられる森”に再創造すべく、日々を工夫しながらの生活。
ゲストハウスは「湯泊」バス停から徒歩1秒、湯泊海中温泉へは徒歩3分という好立地
!国籍や年齢問わず、多くの方にご好評いただいております。
さらに、ゲストハウスでは薪での調理も経験でき、中でも羽釜で炊いたご飯は格別と
いう感想もしばしば。昔ながらなようで実は最先端にエコロジーな生活を体感しにいら
してください。

世界はたった一人から変えられる

わたしは23歳で“一生をかけて食べられる森を創る”と決意し

屋久島南部に2haの耕作放棄地を買い、女ひとりで移住してきました。

想いはたった1つ

地球のために、この命を最大限使い切りたいから。

地球のためになる暮らしを、まず自分から実践すること

そして、世界へと波及させること。

そのために、ただの森ではなく

暮らし全部を共有できる“エコビレッジ”という形を選択しました。

薪での火暮らし、あるものでの創作、自然の遷移を感じ取る毎日

EKAMでの時間は人間性を取り戻す貴重な時間になるはずです。

ひとえに地球のために

これからも私たちは永続可能な生活を世界へと発信していきます。