快適な睡眠のために今からできる3つのこと

ふかふかのお布団にくるまれて、深く快適に朝までぐっすり眠りたい。朝には陽の光を浴びてすっきりと目覚めたい。

そんなことを思っても、なかなか思うようにはいかないのが睡眠です。寝付きが悪い、眠りが浅い、夜中に目が冷めてしまう、朝起きてもぼーっとする… などなど。睡眠に関する悩みは尽きません。

早寝早起きする方法

いろいろな方法がありますが、個人的におすすめなのは寝る前に温かいものを飲むことです。カフェインレスなホットミルクやハーブティー、シンプルな白湯などを飲むことで、お腹の中から温まり、リラックスすることができます。

昼間の運動も睡眠によい効果をもたらしてくれます。疲れた体を休めるために、自然な眠りにいざなわれます。運動する時間を確保するのが難しいという問題がありますが、できるだけ心がけていきたいところです。

早く寝るための8つのステップ

ふかふかのお布団にくるまれて、深く快適に朝までぐっすり眠りたい。朝には陽の光を浴びてすっきりと目覚めたい。

そんなことを思っても、なかなか思うようにはいかないのが睡眠です。寝付きが悪い、眠りが浅い、夜中に目が冷めてしまう、朝起きてもぼーっとする… などなど。睡眠に関する悩みは尽きません。

1.夜ご飯は少なめにする

ふかふかのお布団にくるまれて、深く快適に朝までぐっすり眠りたい。朝には陽の光を浴びてすっきりと目覚めたい。

食べ過ぎるとなかなか眠れない理由

そんなことを思っても、なかなか思うようにはいかないのが睡眠です。寝付きが悪い、眠りが浅い、夜中に目が冷めてしまう、朝起きてもぼーっとする… などなど。睡眠に関する悩みは尽きません。

1日の始まりは目覚めてからの10分が勝負

目覚めてからの10分と言われると、「そんなのムリ」と思われてしまうかもしれません。でも、その効果は絶大です。うまく関連付けてやることで、1つ1つの作業をしっかりとこなし、目覚めることができるようになります。

ジャンクな食事を楽しむ

ちょっと更新が滞っていましたが、まだまだ出張先に滞在中です。写真だけ見ると季節感がわからなくなりますが、けっこう気温は高めです。

ワークアウトに活用できるアプリ

実際にワークアウトを毎日実行する上でポイントとなるのは、いつ、どこで実行に移すかです。外に出て空気感や風の流れを感じるのもオススメです。小休止がバランスのいいアクセントになり、結果的に効率よく結果につながっていきます。

ワインを飲むと寝付きがよくなるのか試してみた

ワインを組み合わせることで、うまく眠ることができるようになるかもしれません。組み合わせがピタッとはまるケースもあるからです。

実際に実行する上でポイントとなるのは、いつ、どこで実行に移すかです。外に出て空気感や風の流れを感じるのもオススメです。小休止がバランスのいいアクセントになり、結果的に効率よく結果につながっていきます